生活習慣の改善してガンのリスクを軽減する

理想的な生活を送っていても、運悪くがんになることはあります。ですが生活習慣を改善することにより、ガンのリスクを最大で70%ほどカットすることが可能です。

まず、ガンになる最大の原因はタバコです。喫煙はガンの原因の3割にも上ります。そして喫煙以外の不摂生が3〜4割。合計で7割となります。

喫煙以外の不摂生の例

  • 野菜や果物の不足
  • 加工肉(ハム・ソーセージなど)の食べすぎ
  • 塩分の摂りすぎ
  • 過度の飲酒
  • 運動不足

ガンの原因を70%下げるには、@喫煙、A食生活、B運動不足の3つを改善すること。つまり禁煙して、適度に運動して、食事に気をつければいいのです。

そうは言っても生活習慣を改善するのは簡単ではありません。すこしずつでも改善していくことが、将来の健康につながるのです。

ガンの主な原因

  • がん細胞の発生条件:遺伝子にできた傷(突然変異)が積み重なること
  • 突然変異の原因は、ウイルス、細菌、ニコチン、放射線など
  • 塩分の多い食事は、胃の粘膜の細胞に突然変異を起こさせやすくする
  • 脂肪の多い食事は、大腸の粘膜の細胞に突然変異が起きやすくなる
  • 最大の原因はタバコ。(ガンになる原因の3割)
  • 偏った食生活、過度の飲酒、運動不足など、喫煙以外の生活習慣(原因の3〜4割)

ガン予防の鉄則

  1. 早期ガンなら完治する
  2. 早期ガンを見つける方法
  3. 検診に向くガン向かないガン
  4. 生活習慣の改善してガンのリスクを軽減する

メニュー

  1. ガンの特徴
  2. ガンの種類と対策
  3. ガン予防の鉄則
  4. ガン治療の鉄則
  5. 生活習慣を改善する